演題投稿

演題投稿受付期間:
7月1日(金)~ 7月29日(金)17:00(締切厳守)

※Late-breaking Abstractは、例年通り9月に募集予定ですが、発表形式はポスター発表のみとなります。

公募ワークショップ口頭発表 および サイエンスピッチ(ショートトーク)での採択はありません。

※すべての一般演題の発表は現地での発表となります。オンライン発表はありません。
演題投稿受付期間: 2022年7月1日(金)~7月29日(金)17:00(締切厳守)

※Late-breaking Abstractは、例年通り9月に募集予定ですが、発表形式はポスター発表のみとなります。

ワークショップ口頭発表 および サイエンスピッチ(ショートトーク) での採択はありません。

※すべての一般演題の発表は現地での発表となります。オンライン発表はありません。

一般演題(ポスター発表・ワークショップ口頭発表・サイエンスピッチ(ショートトーク))、および指定演者の講演要旨受付は、インターネットで行います。 このページの最下段に設置されたボタンより、7月1日(金)から演題投稿システムへアクセスができます。演題投稿システムは、参加登録システムと一体型のシステムを採用しています。

一般演題発表形式

  • ポスター発表:全採択演題
  • ワークショップ口頭発表:希望演題の中からワークショップオーガナイザーが選抜
  • サイエンスピッチ(ショートトーク):希望演題の中から年会査読委員が選抜

※すべての一般演題の発表は現地での発表となります。オンライン発表はありません。

演題投稿について

Graphical abstract について

 本年会の講演には原則全ての指定演題・一般演題にGraphical abstract を求めることとしました。演題投稿時には、要旨に加えてGraphical abstract をアップロードしてください。Graphical abstract のサイズは1,200 x 1,200 px とし、言語は英語、推奨フォントはHelvetica もしくはArial、フォントサイズは12pt 以上、アップロード形式はJPEG とします。なお、演題名や発表者名は要旨閲覧システムにおいて自動付与しますので、Graphical abstract 内に含める必要はありません。

【一般演題(ポスター発表・ワークショップ口頭発表・サイエンスピッチ)における注意事項】

  • すべての一般演題の発表は現地での発表となります。オンライン発表はありません。
  • 一般演題は、日本分子生物学会または日本生物物理学会いずれも非会員の場合でも、「非会員(一般演題発表あり)」のカテゴリーにて事前参加登録をした方は、投稿・発表が可能です
  • 学会員として投稿・発表をされる場合で学会への入会がお済でない方は、別途入会手続きを行ってください。
  • 演題投稿を行う前に、必ずユーザー登録と事前参加登録を行ってください。
    ※会員の場合でも、年会ごとに新規ユーザー登録が必要です。
  • 演題投稿は必ず発表者が行ってください。オンライン要旨閲覧システムには、演題投稿者の名前が自動的に発表者として掲載されます。
  • 本年会では一人一演題の制限を廃止しますが、「ワークショップ口頭発表」「サイエンスピッチ(ショートトーク)」への採択希望は、それぞれ一演題までとします。
    また、複数演題の投稿は可能ですが、異なる研究内容に限ります。
    ※同一発表者によるポスターは、同日の発表日での連番となります。
  • 発表言語について、ポスター(サイエンスピッチ)は日本語もしくは英語、シンポジウムは英語となります。ワークショップは各オーガナイザーにより指定されます。
  • 発表に使用するポスターやスライドは、英語表記を推奨いたします。また、口頭発表に使用するスライドでは、講演言語に関わらず、PowerPointでライブキャプション機能を使用し、発表言語の字幕を表示させてください。
    ※例)英語発表→英語字幕、日本語発表→日本語字幕
    設定方法はこちらをご覧ください。
  • 締切後の新規投稿、投稿内容の修正は受付けません。

特定非営利活動法人 日本分子生物学会


研究発表に関する指針


本学会の重要な目的の一つは、未発表も含めた最新の研究成果を共有し活発な議論と情報交換を行うことである。この目的を達成するため、研究発表に関する以下の指針を定める。

  1. 1. 参加者間相互の信頼関係を著しく損なう、以下のような行為は禁止とする。
    口頭発表会場とポスター会場(共にオンライン配信を含む)で発表された生データを、発表者の承諾なしに保存(画面キャプチャを含む)および撮影、録音、録画すること。
    上記研究データについて、発表者の承諾なしにSNS等で第三者に公開すること。
  2. 2. 発表に際しては、研究の核心となる分子名、方法、理論、アイディアなどを伏せて発表することは、できるかぎり避ける。
  3. 3. 特許申請などに関わる情報の取り扱いは、発表者の自己責任とする。
  4. 4. 発表者は、年会発表において利益相反に該当する状況がある場合は開示する。

2018年9月14日 第20期理事会 制定
2021年11月29日 第22期第3回理事会にて指針1.を一部修正 指針4.を追加

一般演題

  1. 1. ワークショップへの採択希望

    全てのワークショップにおいて、一般演題から口頭発表の採択希望を募ります。採択希望者はワークショップページより、採択を希望するワークショップ企画を選択してください。

    ワークショップの発表言語は各オーガナイザーにより指定されます。口頭発表に使用するスライドでは、講演言語に関わらず、PowerPointでライブキャプション機能を使用し、字幕を表示させてください。
    採否の選考は、各ワークショップ企画のオーガナイザー、およびプログラム委員会にて行い、9月上旬にメールにて連絡します。
    ※ワークショップに採択された演題も、ポスター発表を併せて行っていただきますので、ご注意ください。
    ※ 異なる研究内容の複数演題の投稿が可能となりますが、「ワークショップ口頭発表」「サイエンスピッチ」への採択希望ができるのは、それぞれ1演題までとなります。
    • 例)○「演題A:ワークショップ口頭発表希望」「演題B:サイエンスピッチ希望」「演題C:ポスターのみ」
    •   ○「演題A:ワークショップ口頭発表希望 + サイエンスピッチ希望」「演題B:ポスターのみ」
    •   ○「演題A:ポスターのみ」「演題B:ポスターのみ」
    •   ×「演題A:ワークショップ口頭発表希望」「演題B:ワークショップ口頭発表希望」「演題C:ポスターのみ」
    •   ×「演題A:サイエンスピッチ希望」「演題B:サイエンスピッチ希望」
  2. 2. サイエンスピッチ(ショートトーク)の発表希望
    各日ポスター発表前の時間帯に、サイエンスピッチ(ショートトーク)を行う演題を募集します。
    希望する場合には、演題投稿時に該当の設問にチェックしてください。
    「サイエンスピッチ(ショートトーク)について」

    発表資料を事前に提出していただき、当日はポスター会場内に設けられた特設ブースで、3分間の口頭発表を行っていただきます。

    ・発表資料:PPTスライド 3枚以下、アニメーションなし
    ※提出方法などの詳細は、確定次第、あらためてご連絡します。
    ・口頭発表での質疑応答はなし
    ・音声付き動画の提出による発表は不可。現地発表のみ。
    ※希望演題が多数の場合には、選抜となる可能性があります。

    ※「ワークショップ口頭発表」「サイエンスピッチ」への採択希望ができるのは、それぞれ1 演題までとなります。 「1. 公募ワークショップへの採択希望」下部に記載の例をご参照ください

  3. 3. サイエンスピッチ優秀賞
    サイエンスピッチ(ショートトーク)で発表した全演題を対象に、優れた演題には優秀賞を授与します。 受賞演題は最終日(12/2)閉会式で表彰を行いますので、可能な限り、閉会式へご出席ください。
    選考対象:サイエンスピッチで発表した全演題
    選考方法:審査員による得点制

演題投稿方法

  • 1. 演題投稿方法

    本ページ最下部に設置されている「演題投稿」にアクセスし、画面の表示に従って、先にユーザー登録と事前参加登録を行ってください。

  • 2. 演題の登録・編集

    ①ホーム画面を開き「発表の登録・編集」をクリックし、「新規追加」から演題の登録を行います。
    ※指定演題の場合は、登壇セッション情報が登録されているので、「編集」よりご登録ください。
    ②演題情報を入力項目に従って入力し「確認する」ボタンを押して確認ページ進みます。
    入力内容を確認し、問題なければ「登録する」ボタンをクリックし登録。 ・「ワークショップへの採択希望」「サイエンスピッチ(ショートトーク)の発表希望」がある場合には、該当の設問で選択してください。 ※「ワークショップ口頭発表」「サイエンスピッチ」への採択希望ができるのは、それぞれ1 演題までとなります。 ③登録演題を編集する場合には、「編集」ボタンから操作してください。

  • 3. シンポジウム / ワークショップ 指定演題の投稿

    シンポジウム/ ワークショップの指定演題の講演者には、6 月中~下旬、年会事務局より、個別にメールにてシステムログイン用のID・パスワードをお送りします。システムへログインの上、7 月29 日(金)までに要旨の投稿を行ってください。ID・パスワードが不明な場合は、年会事務局(E-mail : mbsj2022@aeplan.co.jp )までお問い合わせください。

  • 4. 演題タイトル、著者名、所属名と要旨の形式

    演題タイトル、著者名、所属名は、日本語・英語を用意してください。
    要旨本文は自身の発表言語(ポスター発表の場合はポスターの言語)に合わせた日英いずれかの言語で用意してください。ポスター発表の討論の言語は発表者に任せます。
    要旨本文は、全角850 文字(半角1,700 文字)以内で作成してください。予め、文字数を制限内に調整した原稿を用意し、それを投稿画面にコピー・ペーストしてください。

  • 5. 著者氏名のアルファベット表記

    著者の名寄せは、入力されたアルファベット表記をもとにソートをかけて行われます。従って、入力されたアルファベット表記が異なる場合は、同一人物として認識されません。複数の演題の著者となる場合には、注意してください。

  • 6. 一般演題(ポスター)連続発表希望

    一般演題(ポスター)発表では、連続発表希望(連続した演題番号)を受け付けます。連続発表を希望するすべての演題の投稿終了後、年会ホームページの「連続発表登録」にアクセスし、一連の連続発表の代表者が演題の順序を申請してください。申請の際には、すべての演題の発表者氏名、演題の受付番号が必要です。

  • 7. 演題投稿受領通知

    演題投稿後、登録したメールアドレス宛に受付番号を含む演題受領通知が送信されます。もしこのメールが届かない場合は、演題登録が完了していない可能性があります。登録内容を確認後、完了していない場合は、再度登録をお願いします。

  • 8. 投稿内容の修正

    演題投稿受付期間中は、登録システムにログインすることにより、投稿内容の修正が可能です。修正回数に制限はありません。内容を更新するたびに、更新内容がメールで通知されますのでご確認ください。投稿受付締切後の演題修正は原則として受け付けません。ギリシャ文字、斜体、上付き、下付き、数式などは、細心の注意を払って確認してください

  • 9. 演題の取消

    既に登録した演題を取消したい場合は、前述と同様の方法で演題投稿画面にログインし、「削除」を選択してください。投稿受付締切後の演題取消は原則として受け付けません。

  • 10. ポスター演題の採否通知

    9月上旬にメールにて通知予定です。なお、演題の採否、発表日については一任願います。

演題投稿

ポスター連続発表申請

演題カテゴリー

演題登録時には下記の演題カテゴリーの1および2から、それぞれ2つずつ選択いただきます。

1.対象・現象など

大項目 小項目
1 分子 a ゲノム・遺伝子・核酸
b DNA複製
c 組換え・変異・修復
d エピジェネティクス・クロマチン
e 転写
f RNA・RNP
g 翻訳
h タンパク質
i 糖・脂質・代謝産物
j 分子進化・比較ゲノム
k その他
2 細胞 a 染色体・核構造体
b 相分離
c タンパク質プロセシング・輸送・局在化
d 細胞質膜オルガネラ
e 細胞接着・細胞運動・細胞外基質
f 生体膜・細胞骨格
g 細胞増殖・分裂・周期
h シグナル伝達(翻訳後修飾)
i シグナル伝達(生理活性物質)
j 細胞死
k その他
3 発生・再生 a 器官・形態形成・再生
b 幹細胞
c 細胞分化
d 初期発生
e 生殖
f その他
4 高次生命現象・疾患 a 共生微生物
b 生物リズム
c 脳・神経系・神経発生・構造
d 脳・神経系・行動
e 脳・神経系・疾患
f 免疫
g 感染・ウイルス
h 老化
i がん細胞
j がん組織・がん治療
k 代謝・栄養
l 遺伝性疾患
m 植物
n その他

2.方法など

i 核酸工学・ゲノム編集
ii タンパク質工学
iii ゲノム工学・細胞工学
iv 発生工学・オルガノイド
v 光遺伝学・電気生理学
vi システム生物学・合成生物学
vii ケミカルバイオロジー
viii 構造生物学(X線結晶構造解析・クライオEM)
ix 機能予測・薬物設計
x バイオインフォマティクス
xi オミクス解析
xii シングルセル解析
xiii イメージング
xiv 超解像・特殊イメージング法
xv 画像解析・バイオイメージインフォマティクス
xvi 病因解析・診断
xvii 個体行動解析
xviii スクリーニング
xix ロボット・ラボラトリーオートメーション
xx 深層学習・機械学習
xxi 数理モデル・シミュレーション
xxii その他

Page Top