第50回日本免疫学会学術集会は多数のご来場者を迎え、盛会のうちに閉会いたしました。
これも皆様方のご協力のおかげと深く感謝申し上げます。
またご協力いただきました関係者の方々に心より御礼申し上げます。

なお一部の講演をオンデマンド配信します。
学術集会オンラインシステム「ONLINE CONF」にて閲覧してください。
公開期限:2022年1月14日(金)

オンデマンド配信のご案内

Overview Talk、シンポジウム

ODマーク

発表者の承諾を得た一部の発表を配信します。
対象の発表は、学術集会オンラインシステム「ONLINE CONF」の各演題の抄録閲覧ページで「OD」アイコンを表示しています。
配信期間:2022年1月14日(金)まで

50周年記念シンポジウム

日本語で講演された映像を、音声を英語に吹き替えて配信します。
配信期間:2021年12月21日(火)~2022年1月14日(金)

会長メッセージ

~奈良でお会いしましょう~

 2年ぶりに現地開催されることになりました日本免疫学会学術集会も間近に迫ってまいりました。今年は本学会創立50周年の記念すべき年になります。これまで本学会が築いてきた数々の業績と歴史の上に立ち、次の50年に向けて、世界の免疫学、生命科学、臨床医学へのさらなる貢献を目指して新たなスタートとなる学術集会にしたいと考えています。
幸いなことに、我が国の新型コロナの感染状況は改善しており、多くの方々に現地に集い、フェイスtoフェイスで情報交換や交流を2年ぶりに楽しんで頂くことができることと思います。50周年記念シンポジウムや能の披露に加えて、初めての試みとして意欲ある若手研究者からの4つの公募シンポジウムや、すべての一般演題に5名以上のシニア研究者がディスカッサーとしてWeb上で待機しているポスターセッションなど、次代を担う若手研究者を重視した企画となっています。また会場は奈良公園の中にあり、鹿と触れ合ったり、古寺散策など、会場外にも魅力的な場所が数多くあります。是非多くの方々のご参加をお待ちしております。

第50回日本免疫学会学術集会長
渋谷 彰

 

新着情報