開催概要

大会への招待状

北前船の寄港地“新潟”でお待ちしています

日本微生物生態学会第34回大会実行委員会 委員長
重松 亨(新潟薬科大学応用生命科学部 教授)

2020年9月に予定していた日本微生物生態学会第34回大会(新潟大会)は,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止の観点から中止せざるを得ない状況となってしまいました。そして,2021年10月30日から11月2日に,改めて第34 回大会として,新潟にて開催するということになりました。

第34回大会は,1985年に本学会が発足してから初めて新潟県で開催する大会となります。日本海を行き来する北前船がわが国の物流,文化の交流を担っていた時代,新潟港はその寄港地として栄えました。そこでは,異なる故郷や生業を持つ人と人との出会いがあり,そして情報,文化や考え方の共有を通じて新しい発想も生み出され,再びそれぞれの日常に帰って組織や社会を発展させたことと思います。新潟は,そうした人と人との接点を提供することで社会を発展させる役割が培われてきた場所だと思います。

例年,10月末から11月頭にかけての新潟は,冬の気配も感じられますが,気候が穏やかで美しい季節です。この時期に,微生物生態学に関係する研究者・学生の皆様に新潟にお越しいただきまして,自由な情報交換や熱い議論の場を一緒につくってもらえると幸いです。実行委員会一同,COVID-19の収束を祈りつつ,皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

※COVID-19の状況によってはオンライン開催となる場合があります。詳細はこのホームページ等を通じてお知らせいたします。

開催概要

会期 2021年10月30日(土)-11月2日(火)
会場 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
ホテル日航新潟(懇親会)
主な内容 シンポジウム、自由集会、ポスター発表
主催 日本微生物生態学会

スケジュール

2021年

2月
大会ホームページ新情報公開
4月
事前参加申込:5月中旬予定-8月20日(金)
一般演題申込:5月中旬予定-7月30日(金)
シンポジウム・自由集会申込:4月20日(火)-7月上旬

オンライン開催変更の為、スケジュールを見直しております。
今しばらくお待ちください