ご挨拶

この度、第42回日本炎症・再生医学会の会長を2020年7月7日(水)と8日(木)の2日間、京王プラザホテルにおいて開催させて頂くことになりました。身に余る光栄に存じますとともに、本学会の永きに亘る伝統を繋ぐべく、この学術集会が盛会となりますよう精一杯尽力する所存でございます。
1980年に発足した『日本炎症学会』は、炎症をめぐる基礎的および臨床的研究を推進して参りました。その過程で、炎症の修復過程での組織再生の重要が認識され、一連の学際的な領域をより広く包含する学会へと発展を遂げるため2000年に学会名を『日本炎症・再生医学会』として新たな活動を開始いたしました。それ依頼、炎症医学領域と再生医学領域が相乗的に最先端研究を展開し疾患の病因・病態解明と治療法開発を目指す本学会ならではの研究の広がりが今日に至っております。
当第42回のテーマは「炎症・再生の相互理解を未来に活かす日~Diverse & United~」でございます。本学会が「日本炎症・再生医学会」となりました2000年からまる20年が経過する節目の2021年にあたり、炎症と再生の融合からの20年間に推進し培ってきた、炎症・再生の相互理解という、多様性と統合によってなし得ることとなった研究の叡智を、尚以て未来に活かす大会となりますよう鋭意準備を進めて参ります。
21世紀に入ったのがはや二昔となった今日においても、人類が新たに対峙し征圧しなければならない新型コロナウイルス感染症のようなパンデミックが生じる時代であることを、本学会会員の皆様はもちろん、本学会の活動にご興味をお持ちの方々も実感されていることと拝察いたします。疾患の克服を目指す本学会の使命に鑑み、当大会が、より一層、炎症・再生の相互理解、Diverse & Unitedによる、相乗的な疾患への基礎的・臨床的取組の成果が発表・討論できる場になれば幸いでございます。日々状況が変わることも予想されますが全力で準備を進めて参りますので、皆様のご支援とご指導を何卒よろしくお願い申し上げます。

第42回日本炎症・再生医学会
会長 田賀 哲也
東京医科歯科大学 難治疾患研究所 幹細胞制御分野