ご挨拶

此の度、第41回日本炎症・再生医学会を2020年7月8日(水)から9日(木)にかけて、伝統ある京王プラザホテルにて開催致します。

本学会は1972年に「炎症研究会」として発足、1980年に「日本炎症学会」に改称、2001年の学会からは「日本炎症・再生医学会」としてさらなる発展を遂げている歴史ある学会です。「日本炎症・再生医学会」としても20回の節目であり、2度目の東京オリンピックが開催される年に本学会を主催する身に余る重責をひしひしと感じております。

私はこれまでに現理事長である竹内勤先生、前理事長である森田育男先生、「日本炎症・再生医学会」としての再出発時の理事長・学会長であった室田誠逸先生をはじめ、歴代の会長である市川陽一先生、川合眞一先生、三森経世先生から直接ご指導を仰いできました。「炎症・再生医学の祭典」をテーマに掲げた本学会を、「プレ・オリンピック」として皆様に楽しく議論を戦わせていただけますよう、プログラム委員の先生方の多大なお力添えを得て、基礎・橋渡し研究を主体とした特別講演・シンポジウムと臨床の最先端を皆で共有できるような教育講演を融合させ、事務局・運営事務局が一体となって鋭意準備を進めてまいります。また本学会の伝統である「産学連携」の大きなプラットホームであるために、アカデミアの基礎・臨床研究者のみならず、企業の研究者にとっても主要な発表・議論の場となることも極めて重要であると考えています。2020年の七夕翌日から2日間にわたる「炎症・再生医学の祭典」へ多数の演題、ご参加を心よりお待ち申し上げますので、どうぞよろしくお願い致します。

会長 亀田 秀人
東邦大学医学部内科学講座膠原病学分野