ご挨拶

この度、第40回日本・炎症再生医学会の会長を仰せつかりました。徳島県内の会場事情と参加して下さる先生方の利便性を考慮して、神戸国際会議で7月16日(火)、7月17日(水) 開催させていただく予定です。伝統ある本学会の会長を務めることを身に余る光栄に存じると同時に、今までの大会に劣ることがないように充実したプログラムとなるように気を引き締めて準備を進めて参りたいと思いますので、何卒宜しくお願いいたします。

炎症は、傷害後の感染防御、組織修復、再生に必須です。一方で、炎症の異常が膠原病などの自己免疫疾患の原因となります。また、動脈硬化やメタボリックシンドロームが、生活習慣病によっておこる脂肪組織や動脈壁での慢性炎症が原因ということが最近の研究によって報告されています。炎症制御に関わるいくつもの分子が同定され、無菌的な慢性炎症が持続するメカニズムも少しずつ明らかにされています。しかし、慢性炎症を制御する有効な治療法が開発されているとは限りません。また、再生医学においては、ES細胞、iPS細胞、体性幹細胞、増殖因子研究などに著しい進歩がありましたが、再生医療が臨床における一般的な治療になるためには、まだまだ超えないといけないハードルがあるのが現実です。

本学会は、基礎、臨床の様々な領域の研究者が「炎症」と「再生」をキーワードに一堂に会する学際的な大変意義のある学会であると毎回実感しております。循環器内科が専門の大会長は40回の歴史の中でも初めてではないかと思います。本大会のテーマは「炎症と再生の架け橋」とさせていただきました。異分野の先生方が交流する中から、新しい発想が導かれるように、プログラム委員の先生方と斬新な企画を練っていきたいと思います。特別講演、招聘講演、シンポジウムにおいても、全参加者に興味をもっていただけるようなバランスのとれたものにしたいと思います。

これから、教室員と力を合わせて、準備を進めてまいりたいと思います。夏の神戸で、全国の多くの炎症、再生研究者に熱いディスカッションをしていただけることを楽しみにしております。

第40回日本炎症・再生医学会 会長
佐田 政隆
(徳島大学大学院医歯薬学研究部 循環器内科学分野)

ページ上部へ