第43回日本分子生物学会年会

Late-breaking Abstract

9月15日に一般演題の投稿を締め切りましたが、その後に新たな研究の進展があり、是非発表したいという方もいらっしゃることと思います。本年会では最新の研究成果をもとに議論を深めたいと考えておりますので、そのような演題を「Late-breaking Abstract」として募集いたします。最新の研究結果にもとづくご投稿をお待ちしております。

Late-breaking Abstract投稿受付期間:
2020年10月5日(月)~ 10月26日(月)17:00
  • すでに一般演題/指定演題を投稿された方はLate-breaking Abstractsの投稿はできません。

発表用資料の録画や印刷ができないように、可能な限りの対策を講じます。しかしながら、情報漏洩のリスクを完全に防ぐことは困難も予想されますので、発表者としてお申し込みの際はその点あらかじめご了承ください。

【演題投稿における注意事項】
  • Late-breaking Abstractの投稿は、日本分子生物学会の会員であり、かつ本年度(2020年度)の会費を納入済みの方に限ります。
    未入会の方は、予め日本分子生物学会への入会手続きを済ませてください。また、本年度の会費を未納の方は、早めに納入してください。
    演題発表いただくには、学会への入会費、年度会費とは別途、年会参加費をお支払いただく必要がありますので、ご注意ください。
  • 演題投稿を行う前に、画面の表示に従い、事前参加登録を行ってください。
  • 演題投稿は必ず発表者が行ってください。オンライン要旨閲覧システムには、演題投稿者の名前が自動的に発表者として掲載されます。
  • 発表者として投稿できる演題数は、一人につき一演題のみです。すでに一般演題に投稿した方や指定演者は、Late-breaking Abstractの投稿はできません。ただし、他の演題の共著者になることは差し支えありません。
  • 締切後の新規投稿、投稿内容の修正などは原則として受付けません。

Late-breaking Abstract投稿方法

本ページの最下段にリンクされる登録ページにアクセスし、画面の表示に従って、先にアカウントの取得と事前参加登録を行ってください。その後、画面上の「新規登録」ボタンから演題投稿画面に進み、必要情報を入力してください。

1.分野・カテゴリーの選択

発表分類一覧より選択してください。

2.演題のタイトル、著者名、所属名と要旨の形式

演題のタイトル、著者名、所属名は、日本語・英語を用意してください。要旨本文は英語で用意してください。ポスター発表の討論の言語は英語を推奨いたします。
要旨本文は、英語半角1,700文字以内で作成してください。予め、文字数を制限内に調整した原稿を用意し、それを投稿画面にコピー・ペーストしてください。

3.著者氏名のアルファベット表記

著者の名寄せは、入力されたアルファベット表記をもとにソートをかけて行われます。従って、同一人物であっても、入力されたアルファベット表記が異なる場合は、同一人物として認識されません。複数の演題の著者となっておられる場合には、ご注意ください。

4.演題投稿受領通知

演題投稿後、登録したメールアドレス宛に受付番号を含む演題受領通知が送信されます。この通知は通常数分以内に到着しますが、もしこのメールが指定したメールアドレスに届かない場合は、演題登録が完了していない可能性があります。登録内容を確認後、完了していない場合は、再度登録をお願いします。

5.投稿内容の修正

演題投稿受付期間中は、演題投稿・事前参加登録システムにログインすることにより、演題投稿画面から投稿内容の修正を行うことができます。修正回数に制限はありません。内容を更新するたびに、更新内容がメールで通知されますのでご確認ください。投稿受付締切後の演題修正は原則として受け付けません。ギリシャ文字、斜体、上付き、下付き、数式などは、細心の注意を払って確認してください。

6.演題の取消

既に登録した演題を取消したい場合は、前述と同様の方法で演題投稿画面にログインし、「この演題の登録を取り消す」を選択して演題を取消してください。投稿受付締切後の演題取消は原則として受け付けません。

7.ポスター演題の採否通知

11月中旬にメールにてご連絡します。なお、演題の採否、発表日についてはご一任願います。

【Late-breaking Abstract発表分類一覧】
大項目 小項目
1 分子構造・生命情報 a ゲノム・遺伝子・核酸
b タンパク質
c 糖・脂質・代謝産物
d オミクス
e 分子進化
f その他
2 分子・複合体の機能 a エピジェネティックス
b RNA・RNP
c 転写
d 組換え・変異・修復
e DNA複製
f 翻訳
g その他
3 細胞の構造と機能 a 染色体・核内構造体・クロマチン
b 細胞質オルガネラ
c 細胞増殖・分裂・周期
d タンパク質プロセッシング・輸送・局在化
e 細胞接着・細胞運動・細胞外基質
f シグナル伝達(翻訳後修飾)
g シグナル伝達(生理活性物質)
h 細胞死
i 生体膜・細胞骨格
j その他
4 発生・再生 a 器官・形態形成・再生
b 幹細胞・オルガノイド
c 細胞分化
d 初期発生
e 生殖
f その他
5 高次生命現象・疾患 a 共生微生物
b 概日リズム
c 脳・神経系・神経発生・構造
d 脳・神経系・行動
e 脳・神経系・疾患
f 免疫
g 感染・ウイルス
h 老化
i がん細胞
j がん組織・治療
k 代謝・栄養
l 遺伝性疾患
m 植物
n 環境応答
o システム生物学・合成生物学
p その他
6 方法論・技術 a AI・機械学習
b 核酸工学・ゲノム編集
c タンパク質工学
d バイオテクノロジー・細胞工学・発生工学
e バイオインフォマティクス・シングルセル解析・トランスオミクス
f ケミカルバイオロジー
g イメージング
h ラボオートメーション・ロボティクス
i 病因解析・診断
j その他
7 その他 a その他
PAGE TOP