第43回日本分子生物学会年会

バイオテクノロジーセミナー

1BS02 【オンデマンド配信】 12月2日(水) 12:00-12:20
これからはじめるRNAシーケンス
共催企業:イルミナ株式会社
進 行:藤原 鈴子(イルミナ株式会社)
講演者:渡邊 豊(イルミナ株式会社)
みどころ

イルミナでは、次世代シーケンサーをこれからはじめようという方向けの入門編の講習会イルミナiSchoolを展開しています。これまでに多くの方にご参加いただき、ご好評をいただいてるiSchoolオンラインコースから、今回、RNAシーケンス編をご案内します。RNA-Seqで分かることや、RNA-Seqにイルミナシーケンサーを使用するメリットについてご紹介します。また、各アプリケーションでどのような実験条件が推奨されているのかをわかりやすく解説します。

【お問い合わせ先】
contactJPN@illumina.com

1BS03 【オンデマンド配信】 12月2日(水) 12:00-12:20
PCR, 大腸菌クローニングを超えるセルフリー長鎖環状 DNA 合成ツールのご紹介
共催企業:オリシロジェノミクス株式会社
講演者:末次 正幸(オリシロジェノミクス株式会社)
みどころ

本セミナーでは無細胞長鎖環状 DNA 合成ツールである OriCiro® Cell-Free Cloning System を末次 正幸教授よりご紹介いたします。PCR や大腸菌クローニングは手間や時間がかかりGC-rich や毒性配列は増幅できないなどの問題点がありますが、本キットによりそれらの問題点を簡便、短時間に解決します。本キットの競合技術に対する優位性や多彩なアプリケーションをご紹介致します。
[30% OFF トライアルキャンペーン実施中!]
11月2日〜2月12日 の期間、初めてご注文いただけるアカデミアの研究室を対象に、ご注文いただいたすべてのキットに 30% 割引を適用いたします。詳細は下記のチラシをご参照ください。
https://292f06e4-01f0-4573-be7e-5c25bb3c8ff4.filesusr.com/ugd/4c7d53_e12b9f584edc439f994336e2868dd1f8.pdf

【お問い合わせ先】
オリシロジェノミクス株式会社
試薬事業部 プロダクトマネージャー 笹原 圭
〒113-8485 東京都文京区本郷 7-3-1 東京大学南研究棟 318
TEL : 03-3868-3986
E-MAIL : kei.s@oriciro.com
HP: https://oriciro.com/

1BS04 【オンデマンド配信】 12月2日(水) 12:00-12:20
細胞内脂質代謝研究に新たな切り口を与える新製品のご紹介
共催企業:フナコシ株式会社
講演者:関谷 敦志(フナコシ株式会社)
みどころ

本セミナーでは「細胞内の脂質代謝」に焦点をあて,脂質研究新たな切り口を与える当社新製品をご紹介いたします。
◆高感度な長時間イメージング用脂肪滴染色試薬|LipiDye II (12/1記事更新)
https://www.funakoshi.co.jp/contents/65701?MBSJ2020
◆脂肪酸β酸化(FAO)活性の定量試薬|FAOBlue
https://www.funakoshi.co.jp/contents/65885?MBSJ2020
◆脂質ラジカル検出・イメージング試薬|LipiRADICAL (12/1記事公開)
https://www.funakoshi.co.jp/contents/69338?MBSJ2020
◆生体脂質膜の相状態イメージング試薬|LipiORDER (12/1記事公開)
https://www.funakoshi.co.jp/contents/69336?MBSJ2020

【問い合わせ先】
reagent@funakoshi.co.jp

1BS05 【オンデマンド配信】 12月2日(水) 12:00-12:20
これからはじめる「シングルセルRNAseq」データ解析
共催企業:アメリエフ株式会社
講演者:石田 浩高(アメリエフ株式会社)
みどころ

シングルセル RNAseq 技術の登場により、各器官・組織の細胞におけるトランスクリプトミクス、分化経路、時空間的な遺伝子発現ダイナミクスなどの高解像度な解析が可能となりました。シーケンス受託企業やデータ解析受託企業では、シングルセル RNAseq 解析の各ステップにおいてさまざまなプランを提供しています。本セミナーでは、シングルセル RNAseq 解析の概要に加えて、データ解析のどのステップを外注して研究を効率的にすすめるか、また研究者自身が行う場合に必要となる解析環境やスキルについて、ドライ解析初心者にもわかりやすく説明します。

アンケートに回答いただいた方へ、セミナー資料ダウンロード URL をお知らせいたします。ご回答お待ちしております。

【お問い合わせ先】
publicity@amelieff.jp

1BS06 【オンデマンド配信】 12月2日(水) 12:00-12:20
EM-SeqとPBAT法:新規メチローム解析法とその評価
共催企業:ニュー・イングランド・バイオラボ・ジャパン株式会社
司 会:大井 久美子(ニュー・イングランド・バイオラボ・ジャパン株式会社)
講演者: 吉田 直樹(ニュー・イングランド・バイオラボ・ジャパン株式会社)
三浦 史仁(九州大学)
みどころ

DNAのメチル化は、発生・分化の制御、がんなどの疾病や精神疾患、iPS細胞の品質管理などにおいて重要なエピジェネティックな修飾です。近年、次世代シーケンスコストの低下により、ゲノムワイドな解析が広がっていますが、一般的に使われるバイサルファイト法(WGBS法)には、DNAのダメージや断片化などの問題があります。これらを克服する新技術として九州大学三浦準教授はPBAT法、NEBはEM-seqを開発しました。加えて、三浦準教授からはメチローム解析技術の開発者の観点から、EM-seqの評価が述べられております。製品紹介だけでなく、本分野における第一人者の研究内容と客観的評価が聴ける点も見所です。

【お問い合わせ先】
Info.jp@neb.com

1BS07 【オンデマンド配信】 12月2日(水) 12:00-12:20
こんなに簡単! 蛍光寿命が使えるみんなの共焦点顕微鏡。
共催企業:ライカマイクロシステムズ株式会社
講演者:伊集院 敏(ライカマイクロシステムズ株式会社)
みどころ

ライカマイクロシステムズは次世代の共焦点顕微鏡 STELLARISを発表しました。この新製品は検出感度や分解能に磨きをかけたことはもちろんのこと、これまで特定の用途でのみ利用されてきた【蛍光寿命】を誰でもが簡単に利用できる技術にして標準搭載しました。当セミナーでは【蛍光寿命ってナニ?】や【それで何ができるの?】という疑問にお答えしつつ、STELLARISがライフサイエンスイメージングのお役に立てる技術をご紹介いたします。
製品詳細はこちらをご参照ください
https://xlab.leica-microsystems.com/blog/life-science/stellaris_potential

【お問い合わせ先】
lmc@leica-microsystems.co.jp

1BS08 【オンデマンド配信】 12月2日(水) 12:00-12:20
RNA-seq用ライブラリ調製キット新製品のご紹介
共催企業:バイオ・ラッド ラボラトリーズ株式会社
講演者:小川 智央(バイオ・ラッド ラボラトリーズ株式会社)
みどころ

本セミナーでは、新製品SEQuoia Complete Stranded RNA Library Prep Kitをご紹介します。
新開発のSEQzymeを特徴とした、短鎖RNAから長鎖RNAまでを一度にキャプチャする性能を持ち、FFPE組織サンプル由来のRNAのような、分解の進んだRNAからの効率的なライブラリ構築が可能となる、新しいRNA-seq用ライブラリ調製キットです。
反応機構やキャプチャ性能の比較、FFPE組織サンプルに対する性能をお示しするとともに、細胞の分化における発現変化を測定した例などを紹介します。
製品情報:http://bio-rad.com/SEQuoiaComplete

【お問い合わせ先】
life_mkt_jp@bio-rad.com

1BS09 【オンデマンド配信】 12月2日(水) 12:00-12:20
プロメガが提供する細胞タンパク質の網羅的・機能的解析ツール
共催企業:プロメガ株式会社
講演者:桃井 道子(プロメガ株式会社)
みどころ

今回のセミナーでは細胞タンパク質の解析を進化させるキーワード 「網羅性」・「カイネティクス」・「スピード」を実現するプロメガの最新タンパク質解析ツールおよびプロテオーム解析サービスをご紹介いたします。

-高深度DIAプロテオーム解析:従来法では3000種程度であった観測タンパク質が9500種を突破!真の網羅的プロテオーム解析が行えます!

-HiBiT 発光タグ: 11アミノ酸からなるタグを標的タンパク質に付加するだけで、抗体不要の高感度カイネティクスアッセイを実現できます!極小だからCRISPRノックインが容易で、ありのままのタンパク質の挙動をモニタリングすることも可能です!

-Lumit 高速イムノアッセイ:発光酵素のサブユニット LgBiTまたはSmBiTで標識した抗体ペアを用いたブロッティングや洗浄のいらないイムノアッセイが完成しました!特に煩雑なELISAをスピードアップしたい方 必見のテクノロジーです!

【お問い合わせ先】
jpmktg@promega.com

1BS10 【オンデマンド配信】 12月2日(水) 12:00-13:00
神経変性疾患における細胞外小胞の役割とバイオマーカーの開発
新規エクソソーム精製手法・PSアフィニティー法が実現した高活性エクソソームの精製
共催企業:富士フイルム和光純薬株式会社
講演者: 村岡 賢(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)
山根 昌之(富士フイルム和光純薬株式会社)
みどころ

富士フイルム和光純薬では、エクソソームを生体中に近い状態で高純度に回収できるエクソソームの抽出・精製キットをはじめ、エクソソーム関連製品を幅広くラインアップしております。バイオテクノロジーセミナーでは、医薬基盤・健康・栄養研究所の村岡先生より「神経変性疾患における細胞外小胞の役割とバイオマーカーの開発」についてご講演いただきます。また弊社からはエクソソーム抽出・精製キットに使用されている独自技術「PSアフィニティー法」についてその有用性をご紹介いたします。既にエクソソーム研究をされている方も、これからエクソソーム研究を始められる方も必見のセミナーとなっておりますので是非ご覧ください。

【問い合わせ先】
ffwk-labchem-tec@fujifilm.com

1BS11 【オンデマンド配信】 12月2日(水) 12:00-12:20
BDが提案する効率的なシングルセル・マルチオミックス解析ワークフロー
共催企業:日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
講演者:安田 剛(日本ベクトン・ディッキンソン株式会社)
みどころ

シングルセルRNAseqとタンパク質の同時解析をマルチプレックスで行ったscM(single cell Multi-omics)解析の、効率的なマルチオミックス解析ワークフローを実際の実験データとともにご紹介いたします!BD だからこそ提案できる統合的ワークフローを用いたマルチオミックスアプローチにより複雑な生物学的現象を解き明かしてみませんか?

https://www.bdbiosciences.com/ja-jp/support/promotions/scm

1BS12 【ライブ配信】 12月2日(水) 12:00-12:20
大学発ベンチャーの創出を通じた研究成果の事業化
共催企業:Beyond Next Ventures株式会社
講演者:橋爪 克弥(Beyond Next Ventures株式会社)
みどころ

新しい産業や事業を創出する担い手として、ベンチャー企業に注目が集まっております。
欧米では新たなバイオテクノロジーの登場により、今まで対処できなかった患者を治療するスタートアップが多く生まれ、その創業者の多くは研究者です。スタートアップの事例を紹介しながら、研究者とともに伴走するベンチャーキャピタルの役割、ベンチャー創出に向けた取組等を紹介させていただきます。
https://beyondnextventures.com/
【 創薬系ベンチャーを支援するアクセラレーションプログラムBlockbuster TOKYO 】
https://blockbuster.tokyo/
【 国内最大級の技術シーズに特化したアクセラレーションプログラムBRAVE 】
http://brave.team/
【 東京、日本橋にあるシェアラボBeyond BioLAB TOKYO 】
http://biolab.beyondnextventures.com/

【お問い合わせ先】
admin@beyondnextventures.com

2BS02 【ライブ配信】 12月3日(木) 12:00-13:00
#WeMakeDNA - 合成生物学による感染症研究へのアプローチ
共催企業:Twist Bioscience
司 会:野口 匡則
講演者: 秋光 信佳(東京大学 アイソトープ総合センター 研究開発部門教授)
河合 岳志(Twist Bioscience ビジネスデベロップマネージャー)
みどころ

招待講演タイトル
ヒト細胞におけるRNA分解制御~その分子基盤とRNA医薬への応用~

企業講演タイトル
未来を創る:あなたの最高の研究アイデアを可能にするDNAツール

当社セミナーをより魅力的な内容にするにあたり、ランチョンウエビナー参加者の皆様の事前登録を実施いたします。ご登録頂いたただいた方200名様のStarbucks eGift(ドリンクチケット)の特典を用意しております。

当社ウェブサイトにある以下のフォームからご登録をお願いいたします:
https://pages.twistbioscience.com/MBSJ2020.html

是非ご登録ください。

【お問い合わせ先】
E-mail:jsalescustomer@twistbioscience.com

2BS03 【オンデマンド配信】 12月3日(木) 12:00-12:20
THUNDERが切り開く次世代3次元スクリーニング
共催企業:ライカマイクロシステムズ株式会社
講演者:鶴巻 宣秀(ライカマイクロシステムズ株式会社)
みどころ

多くの研究者が3次元解析するために多大な時間と労力が費やしています。そこで、ライカマイクロシステムズでは、限られた時間で、いかに効率的に、最大限の結果を生み出していくかという点に注目し、超高精細画像を高速に取得できるイメージングシステム THUNDER と、3次元解析ソフト「Imaris」を組み合わせた次世代3次元スクリーニングのイメージングワークローの可能性を提案します。
製品詳細はこちらをご参照ください
https://xlab.leica-microsystems.com/blog/life-science/screen_thun_01

【問い合わせ先】
lmc@leica-microsystems.co.jp

2BS04 【ライブ配信】 12月3日(木) 12:00-12:20
CRISPR/Cas9を用いた遺伝子改変動物作出と創薬研究へのインパクト
共催企業:Axcelead Drug Discovery Partners株式会社
司 会:竹山 道康(Axcelead Drug Discovery Partners株式会社)
講演者:階上 健太郎(Axcelead Drug Discovery Partners株式会社)
みどころ

「CRISPR」を用いたゲノム編集技術に2020年のノーベル化学賞が与えられました。この革新的な技術の出現は、遺伝子改変動物の作出期間を一気に短縮しました。弊社では、この技術を積極的に用いて遺伝子改変マウス・ラットを作出し、創薬研究に提供しています。本セミナーでは、これまでの遺伝子改変技術の変遷を振り返りながら、CRISPR/Cas9システム登場による遺伝子改変動物作出へのインパクトをご説明し、弊社にて作出した遺伝子改変マウスを創薬研究へ活用した実例をご紹介いたします。
弊社は武田薬品工業株式会社の創薬プラットフォーム事業を継承して設立された、日本初の創薬ソリューションプロバイダーです。詳細は下記Webサイトをご覧ください。
www.axcelead.com

【問い合わせ先】
contact@axcelead.com

2BS05 【ライブ・オンデマンド配信】 12月3日(木) 12:00-12:20
1細胞解析ソリューション
共催企業:横河電機株式会社
講演者:居原田 真史(横河電機株式会社)
みどころ

CRISPR/Cas9システムの開発者が2020年ノーベル化学賞を受賞しゲノム編集が注目を集めています。当社開発のシングルセル低侵襲スマートインジェクターSU10は低侵襲で安定した高速自動インジェクションにより幅広い物質を核内に直接注入することが可能なため、導入効率等のゲノム編集の課題解決に貢献します。
細胞壁をもつ植物細胞へのインジェクションも可能です。
また、開発中のシングルセル全自動マニピュレータは細胞単離だけでなく、細胞内成分を自動吸引することが可能なため、細胞質や標的オルガネラを特異的にサンプリングして解析することができます。
これら新規技術による1細胞解析ソリューションをご提案致します。

【問い合わせ先】
SingleCell@cs.jp.yokogawa.com

3BS02 【オンデマンド配信】 12月4日(金) 12:00-12:20
新製品 ベンチトップ・セルソーター CytoFLEX SRTのご紹介
共催企業:ベックマン・コールター株式会社
講演者:伊藤 俊行(ベックマン・コールター株式会社)
みどころ

ベックマン・コールターは、卓上型セルソーター CytoFLEX SRTを2021年早々に販売を開始いたします。
CytoFLEX SRTは卓上型のソーターで、CytoFLEXプラットフォーム技術で確立された高感度でダイナミックレンジの広い検出系を搭載しています。また、複数のレーザーと検出器の組み合わせを選択することができ、ご自身のご研究の段階に合わせて簡単にバージョンアップすることが可能です。
ソフトウェアも簡便さを追及しており、卓上型のセルソータークラスには見られなかった、自動化テクノロジーを搭載しております。卒業・修了等で研究スタッフの入れ替わりが多くある大学の研究室などに最適な簡便性をありながら、高度な研究に対応できるハイスペックなソーターです。

【問い合わせ先】
https://www.beckman.jp/contact-us

3BS03 【ライブ配信】 12月4日(金) 12:00-13:00
免疫研究における次世代シーケンスの有効性
共催企業:タカラバイオ株式会社
講演者:田澤 隆治(タカラバイオUSA)
みどころ

免疫研究、特にTCRやBCRがターゲットのレパトア解析において、次世代シーケンス解析(NGS)は、今やなくてはならない強力なツールとなっています。NGSのリーディングカンパニーであるタカラバイオは、正確なレパトア解析を可能にするレパトア専用NGSキットを多数開発しており、最近その重要性が高まっている感染症に対する免疫応答など、免疫研究への貢献が期待されます。本セミナーでは、レパトア専用NGSキットの特長を中心に、免疫研究における有効性についてご説明します。
https://catalog.takara-bio.co.jp/CONTENTS/catalog_request/pdf/ngs_library_preparation_kit.pdf

【問い合わせ先】
タカラバイオテクニカルサポートライン
https://www.takara-bio.co.jp/research/support/tsl/index.php

PAGE TOP